本文へ 文字サイズ

しる

地域循環共生圏というとどこか難しそうですが、すでに取り組み始めている地域もあります。
その秘訣は何か、そもそもどんなきっかけだったのかを知ることは、
これから地域循環共生圏に取り組みたいと考えているみなさんにとって参考になるでしょう。
「しる」では地域循環共生圏のコンセプトと先進地域の取組をお届けします。

先進地域のエッセンスをしる

地域循環共生圏づくりのヒントになる地域の取り組みをご紹介します

”地域循環共生圏”をしる

「地域循環共生圏」とは、各地域が足もとにある地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、
地域の特性に応じて資源を補完し支え合うことにより、
環境・経済・社会が統合的に循環し、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方であり、
地域でのSDGsの実践(ローカルSDGs)を目指すものです

ローカルSDGs(地域循環共生圏)ビジネスをつくる

環境ローカルビジネスイメージ画像
  • facebookなしアイコン
  • Twitterなしアイコン
  • LINEなしアイコン
  • リンクなしアイコン

ローカルSDGsビジネスとは

-ビジネスのヒントを知りたい方はこちら-

地域の資源を持続可能に賢く使うことで、持続可能で元気な地域を取り戻す。こんな考え方に基づき、全国でローカルビジネスの輪が広がっています。
ローカルSDGsビジネスの成功のポイントは、「ビジネスとして利益を生み出すこと」と「環境保全」が両立していること。地域の課題を、ビジネスでうまく解決している事例や取組のヒントをご紹介します。

グッドライフアワードイメージ画像
  • facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • LINEなしアイコン
  • リンクアイコン

グッドライフアワードから
優良事例を探そう

グッドライフアワードは、環境省が主催する環境と社会によい活動を応援するプロジェクトです。環境に優しい社会の実現を目指し、日本各地で実践されている「環境と社会によい暮らし」に関わる活動や取組を募集して紹介しています。
社会をよくする取組を「環境大臣賞」として幅広く表彰しており、企業、学校、NPO、自治体、地域コミュニティ、個人など、どなたでもエントリー可能です。

イベント開催レポート

イベント情報