地域新電力とeモビリティーサービスで脱炭素地域交通を提供

株式会社REXEV×湘南電力株式会社×小田原市

小田原市の風景

株式会社REXEVは湘南電力株式会社・小田原市と連携し、再生可能エネルギー等を活用した地域新電力と、蓄電池を活用したEV(電気自動車)カーシェアリング“eemo(イーモ)”によって、エネルギーや資金が地域のなかで循環する仕組みや、地域のエネルギーマネジメント、災害対応力の向上を実現。誰もが安心して利用できる脱炭素型の地域交通として、地域新電力とモビリティーサービスを核に、セクターカップリング※を目指しています。

※セクターカップリングとは、電力部門を交通部門や産業部門、熱部門など他の消費分野と連携させること。社会全体の脱炭素化を進める社会インフラ改革の構想。

eemo前で撮影

eemo前でのREXEVの藤井さんと湘南電力の土井さん

セクターカップリング概念図画像

セクターカップリング概念図

「電力に携わる中で、再生可能エネルギーを普及させることは世界の状況から必要と感じました。」と電力業界から転身したREXEVの藤井さんは言います。「地域の電力需要を把握し、適切な供給をするためには需要と供給のバランスを調整していく力が必要です。その調整力を需要側に置くバッテリーは今は高くて採算が合わないことが多い。そこでEVであればバッテリー単体としても安く、容量・出力もあり、走るという機能もあるため、地域でカーシェアリングという形であればビジネスになると考えました。それがこの事業を始めたときの想いです。」新しいサービスだからこその壁が多く、説明しなければいけないことがたくさんあり、そういう部分を地域とつながりのある小田原市、湘南電力からご説明いただくことによって信頼を得られている、というのが連携の強みだそうです。

湘南電力の大脇さんは、太陽光パネル設置事業を通して地域の再生可能エネルギーを普及させる活動をしています。 REXEVのeemoは、太陽光発電の調整力にもなり、再生可能エネルギーで交通の課題を解決するという点で、湘南電力と親和性が高いと考えているそうです。活動のメンバーには自発的に取り組める若い人、やる気と推進力のある人が集まってきているとおっしゃっていました。

SNSで湘南電力が立ち上がるのを見て、地元が面白い方向に進みそうだとUターンで湘南電力に転職したのは20代の土井さんです。「新しいことを地元の若い世代に広めたい、いかに発信して地元が好きな人を巻き込んでいけるかを考えています。」という言葉には、やる気と推進力があふれていました。

藤井さんが目指すのは、持続可能な街づくりです。あらゆる部門の脱炭素化、再生可能エネルギーの普及促進のためにEVを普及させ、富の流出が生まれないように地域発でやる、地域内でお金を回すことに意義があるのだと語ります。しかし、小田原だけでなく、日本全国にこういうものを使っていくのが大事だと思っているので、失敗した部分や技術的に乗り越えてきた部分は、どの地域でも役に立てていきたいと思っているのだそうです。短期的には地域資源との連携、長期的には地域循環共生圏のなかの交通サービスという部分に広げていきたいと考えています。

大脇さんは地域の暮らしやまちを作っていくところにコミットしていきたいと言います。収益の一部を地元に還元するプランをはじめ、平時は地域の余剰な再生可能エネルギーによる需給調整、非常時は電力網から切り離したマイクログリッドの限定されたエリアで電気が供給されるような事業も進めています。これらを通して地元インフラ企業として、小田原市の市民生活を支える会社を目指します。

子供食堂のお弁当

収益の一部を元に
湘南電力と小田原市との共同事業として
市内の子ども食堂を応援しています

子供食堂開催時の様子

2019年子ども食堂開催時の様子

鳥獣捕獲の見回りにeemoを利用の画像

鳥獣捕獲の見回りにeemoを利用

セクターカップリングを目指す上で、地域の「官」側として取り組んでいるのは、小田原市です。今回、環境部の担当者にお話を伺いました。

小田原市には森里川海の多様な地域資源が点在しているので、脱炭素型交通を一つのツールとしてつなげることに大きな意義を感じています。脱炭素社会に向けて大きな変革を進めていくためには、交通、観光、暮らしといった様々な分野をまたがり、再生可能エネルギーを使ったまちづくりを目指さなければなりません。EVは動く蓄電池であり、再生可能エネルギーを使って交通という領域とカップリングできることに大きな意義があると考えていらっしゃいます。

小田原市と湘南電力との連携は、収益の一部を子ども食堂の支援に繋げ、電気の供給だけでなく食育や子どもの居場所づくりに寄与しているのだそうです。他にも、小田原市が他の企業と連携して行う、狩猟免許を保有する都会の人と獣害に困っている地元の人たちをマッチングして鳥獣の捕獲に使うサービスの脚としてeemoを活用し地域課題の解決につなげるサービスも始まっています。
企業との連携でエネルギーと“移動”がリンクするツールを得たことによって、再生可能エネルギーが暮らしをより良く変えていく、といった領域に歩みを進められると未来を見据えています。エネルギーを軸にして地域資源の活用、地域課題の解決につながり、ひいては持続可能な地域社会づくりにつなげていきたいと構想しています。

関連情報
▼活動団体ウェブサイト・連絡先等
▼環境ビジネスの先進事例集
上記の取組は、地域主体の取組と企業主体の取組の先進的事例として、「環境ビジネスの先進事例集」でも紹介しております。
地域新電力とeモビリティーサービスで脱炭素地域交通を提供(湘南電力株式会社/株式会社REXEV)
▼小泉環境大臣会見での紹介
令和2年6月26日の小泉環境大臣会見で、eemo(イーモ)が紹介されました。
こちらも合わせて是非ご覧ください。
ページ先頭へ