本文へ 文字サイズ

データを活用しよう

地域循環共生圏の実現に向けては「持続可能」な社会づくりに関するさまざまな知識、技術、情報が必要です。わが国では多くの研究機関、大学等が環境、経済、社会に関する多様な情報を提供しています。うまく活用することで、ビジネスのきっかけづくりや、事業の実現に資することが期待できます。ここでは地域循環共生圏づくりに役立つ情報をいくつかご紹介します。

地域経済循環分析を活用しよう

「地域経済循環分析」は、地域循環共生圏の具体化を目指すに当たって、地域内の資金の流れがどのようになっているか、環境施策等の実施によりそれがどう変化するかを把握するためのツールです。
市町村毎の「産業連関表」と「地域経済計算」を中心とした複合的な分析により、地域内の資金の流れの把握、産業の実態、地域外との関係性等を可視化します。
環境施策の立案だけではなく、経済・社会的課題の同時解決に向けた活用が出来ます。
地域の特性をより簡易に把握するための自動分析ツール、再エネ事業、リサイクル事業などを実施した場合の波及効果のシミュレーションができる分析ツールも用意されています。

つなげよう、支えよう森里川海プロジェクト

国民全体で「森里川海を豊かに保ち、その恵みを引き出すこと」、「一人一人が、森里川海の恵みを支える社会をつくること」を目指し、取り組みを進めています。
イベント情報や、プロジェクト賛同者の活動報告、SDGsを実践するための暮らしのヒントの紹介、「MY行動宣言」等動画の掲載をして、ライフスタイルシフトを呼びかけています。

SDGsリーダー研修

地域の持続可能な未来のためには、業種や分野を超えた人々の連携・協働が必要です。
地域のために何ができるか考え実践する、持続可能な地域の未来づくりを担うリーダーになりませんか?